あなたの呼吸は「何呼吸」ですか?|福岡市の天神・大名エリアの整体、ストレッチ&トレーニングなら「健美処おふく堂」

お知らせ

0927536731

営業時間 10:00~22:00|日・祝休み
ご予約の方はこちらからどうぞ

あなたの呼吸は「何呼吸」ですか?腹式呼吸と胸式呼吸。

お知らせ 2021年01月12日

こんにちは。健美処 おふく堂です。
本日は「あなたの呼吸は「何呼吸」ですか?」です。

「何呼吸か?」と聞かれてしまうと
「水の呼吸…?」と答えたくなってしまうかもしれませんね!
答えは「腹式呼吸と胸式呼吸」です。

呼吸法として良く聞かれる腹式呼吸と胸式呼吸ですが
お腹を膨らませてたり縮ませたりしながら呼吸し、
呼吸の補助にお腹を使っているのが腹式呼吸、
胸回りを使って大きくしたり小さくしたりして呼吸をするのが
胸式呼吸と言われることが多いかと思われます。

しかし呼吸は本来であれば肺を膨らませて行うものなので
それに付随した肋骨や横隔膜を動かして呼吸をしていきます。
腹式呼吸の意識が強い人はお腹を膨らましたり縮めたりする意識が強すぎて
肺を使う意識が少なくなってしまい、肋骨や横隔膜の動きが少なくなります。
胸式呼吸の意識が強い人は肩を上げたり下ろしたりする動きで呼吸の意識を持ってしまい、
こちらも肺を使う意識が少なくなる事で肋骨や横隔膜の動きが少なくなります。
肩の上げ下げに力を入れ呼吸をするようになってしまい
そのせいで、肩こりや首こりの原因にもなってきます。

実際の胸式呼吸は肺を使い肋骨や横隔膜を動かして行うもので、
腹式呼吸は胸式呼吸をお腹で補助してより深い呼吸を行うことなのです。
根底の呼吸の仕方や腹式呼吸や胸式呼吸の意味を勘違いしている方が多くいる為、
呼吸自体が浅くなってしまう方が多くなっています。
呼吸が浅くなるとリラックスできない身体になり疲れが溜まりやすくなったり、
ストレスを受けやすくなります。
そして呼吸が浅いと肋骨や横隔膜の動きが悪くなるため、体感が固まらない事にもつながり
身体が安定せずに不調の原因につながっていきます。
まずは肋骨と横隔膜がきちんと動くような呼吸方法を行っていきましょう。

ブログ画像

ブログ画像

ブログ画像

ブログ画像

 

いろいろなトレーニング動画やストレッチ動画を見られてやり方がわからない方や
当店の動画を見てやり方がわからない方はパーソナルトレーニングや
ラインなどでのご質問もお受けしております。
こんな事が知りたいなど要望やご質問等あればご連絡下さい。

LINE @ofukudo(https://lin.ee/aIWMW0Q)
TEL 092-753-6731

ホットペッパーでのご予約は↓

http://b.hpr.jp/kr/hp/H000407418/

商品購入はこちら↓
https://ofukudou.thebase.in
動画での説明は↓
https://www.youtube.com/channel/UCKEoCt_Y4FX6-uKQen5qwAg?sub_confirmation=1

#逆トレ #逆腹筋 #逆スクワット #逆腕たてふせ #トレーニング #ストレッチ #ダイエット #ワンコイン #月会費なし #登録不要 #女性限定 #ジム #パーソナルトレーニング #トレーニングスペース #酸素吸入 #トレーナー #施術 #ストレス #ダイエット #腰痛 #肩こり #反り腰 #猫背 #マッサージ #呼吸 #腹式呼吸 #胸式呼吸

ページトップへ