福岡市中央区大名 姿勢から考える内臓の病気③ 健美処 おふく堂|福岡市の天神・大名エリアのリラクゼーション、整体なら「健美処おふく堂」

予防策

0927536731

営業時間 10:00~22:00|年中無休
ご予約の方はこちらからどうぞ

福岡市中央区大名 姿勢から考える内臓の病気③ 健美処 おふく堂

予防策 2016年02月26日

こんにちわ!健美処 おふく堂 店主です。

今日は

 

姿勢から考える内臓の病気③

 

ということで、お話ししたいと思います。

体の歪みと低体温

低体温の原因として「血液を送る筋力を刺激しない状態が続き、

筋力が低下し、低体温の原因となる」

とあります。

実は、体の歪みがあると、

前回紹介したように、神経伝達が悪くなったり

ゆがんだ骨の影響などで

筋肉が硬くなっていきます。

反り腰姿勢の解説

20120629_2135519

そのため、体の歪みのために

低体温を促進している可能性があるのです。

体温が35度台は免疫力が低下し、

様々な病気にかかりやすく

ガンになりやすいといわれています。

体の歪みと内臓疾患

また、前回のBlogでも紹介した

脊柱から出た神経が各臓器に

繋がっていますが

yjimage-4

背骨の歪みがある場合、各臓器に

繋がっている神経の伝達が悪くなっていくため

その臓器の活動低下に繋がります。

例えば、猫背の方

yjimage

黄色の枠で囲っている部分が

影響の出やすい箇所になります。

胸椎部分は肋骨も関係してくるので

呼吸が浅くなったり、呼吸器が弱くなったり

胃が痛んだり

高血圧、低血圧に関与してくる

可能性があります。

ストレートネックなど、胸椎上部〜頚椎に歪みがある方

yjimage-2

高血圧、低血圧に関与

眼精疲労、頭痛

肩甲骨が動きにくくなって肩こり

顔のしわが増えたりくすんでくる

時として脳に関与するような

危険な病気を引き起こしたりします。

腰痛がある方、反り腰などの方

yjimage-3

濾過器や泌尿器、生殖器などに

影響を及ぼします。

また足のしびれなどが起こる場合もあります。

 

このように、体の歪みひとつ取っても

様々な症状を引き起こす可能性があります。

是非皆さんも、自分の体がどうなっているか

確認してみてくださいね!!

 

店主 chill

美容調整、カイロ、アロマリンパドレナージュ、3D深部リンパデトックス痩身、
アロマリードトリートメント、健美コース、おふく堂コース、マタニティーコースといえば
福岡市大名の 健美処 おふく堂!!
詳しくはこちらから↓(くりっくしてね!!)

ロゴベース

ページトップへ