福岡市中央区大名 姿勢から考える内臓の病気 健美処 おふく堂|福岡市の天神・大名エリアのリラクゼーション、整体なら「健美処おふく堂」

予防策

0927536731

営業時間 10:00~22:00|年中無休
ご予約の方はこちらからどうぞ

福岡市中央区大名 姿勢から考える内臓の病気 健美処 おふく堂

予防策 2016年02月13日

こんにちわ!健美処 おふく堂 店主です。

今日は

 

姿勢から考える内臓の病気

 

ということで、お話ししたいと思います。

姿勢が内臓の病気にも

直結する可能性があるんですが

みなさん知ってましたか??

反り腰と内臓の歪み

まずはこちらの姿勢

yjimage-2

このような、腰の反り方がひどく

骨盤が開いている姿勢の方

特に女性に多いです。

骨盤で見るとこちら↓

yjimage-3

このようになっています。

一見、腰のグラインドが綺麗に見えて

良さそうな気がしますが、

yjimage

全身で見ても、前傾姿勢になりやすく

体の軸はまっすぐになりません。

こうなってしまうと、内臓を支えている

骨盤が平行でなく、前側に傾いて

しまい、さらに開いてしまうので

腹筋も緩くなるため

筋力の面でも内臓を支えられなく

なってしまいます。

反り腰

内臓を支えられなくなってしまうと、

重力に逆らえず、内臓は

下に下がってしまいます。

そうなると、負荷がかかるのは…

歪みと腸の病気

そう、まず一番底にある

腸が圧迫を受けてしまいます。

そうなると、腸の動き(ぜん動運動)が弱くなります。

yjimage-4

ぜん動運動が弱くなると、腸内にガスが

溜まりやすく、便秘なども引き起こします。

また腸内環境が悪化し、アレルギー反応が

起こりやすくなってしまったりするのです。

女性特有疾患の可能性

また、子宮も圧迫してしまいます。

e60eaa70639750b59ff87d464899668e

このように、S上結腸のすぐ下に

子宮があるので、腸が圧迫を受ければ

子宮にも圧力がかかってしまいます。

そのため、生理不順や生理痛などを

悪化させてしまう原因にもなるのです。

まず、子宮に血液が行き渡らなくなってしまい

着床をさせるための子宮膜を作りづらくなってしまいます。

yjimage-5

もちろん不妊にも繋がりやすいですし、

骨盤がゆがんでいることから、仙骨から

繋がっている神経の管も

骨盤の歪みにより圧迫を受け、

神経伝達がしづらくなり、視床下部からの

指令が子宮に届きにくくなってしまうのです。

これにより、生理不順にもなってしまうのです。

また、その他の女子特有疾患にも

繋がる可能性があります。

男性の病気

人間は呼吸のタイミングで、骨盤の開閉

(ほんの少しですが)をしています。

息を吸うときに骨盤が締まり、息を吐くときに

骨盤は開くのです。

yjimage-6

更に言うと、骨盤が閉じた状態で

交感神経が優位になり

骨盤が開いた状態で

副交感神経が優位になります。

しかし、骨盤が歪んだ状態だと、その

開閉がうまくいかず、

副交感神経の働きを抑制してしまったり
逆に、交感神経の働きを優位にしてしまったり

することで、ED(勃起不全)を起こす

可能性が高まってしまいます。

これは、骨盤の歪みによって

血流が悪くなってしまうことも

原因の一つと思われます。

 

それでは、次回に続きます!!

 

店主 chill

美容調整、カイロ、アロマリンパドレナージュ、3D深部リンパデトックス痩身、
アロマリードトリートメント、健美コース、おふく堂コース、マタニティーコースといえば
福岡市大名の 健美処 おふく堂!!
詳しくはこちらから↓(くりっくしてね!!)

ロゴベース

ページトップへ